目次

● まえがき
● お金を使う
● 時間と手間を使う
● エロはスパイス程度に
● クールガイが好かれないワケ
● 気遣い上手は愛され上手
● ホメ上手はモテ上手
● 女子はココであなたをジャッジしている!
● コミュニケーション能力上達法
● 大人のマナー講座
● お金の使い方
● 失敗しないためのデートプラン
● 女子にとっての「仕事がデキる男」とは
● あとがき
● 奥付

概要

Description

「キャバ嬢モテをマスターすれば、女子モテは簡単!」
Apple iBook Store, Amazon Kindle Store,
Google Play Booksにて好評発売中!

モテる男の条件

著者:プリマヴェーラ すみれ

販売価格:\250円

キャバクラは、男性にとって刺激や安らぎ、女を求めていく非日常の世界。 その中で働くキャバ嬢は、何百人何千人の男性を見てきているので、男性を見る目はかなりシビア。 キャバクラホステスとして、店舗No.1の実績もある著者が「モテる極意」を伝授します。

キャバ嬢の目にかなう男を目指せば、どんなシーンもそつなくこなせる、イイ男に大変身する可能性も!

女子側の視点

題名を読んだ時は、よくある恋愛のハウツー本だと思っていました。でもこれはキャバ嬢モテを意識したハウツー本らしく、「キャバ嬢にモテれば女子モテは簡単」と銘打っていました。この文言を見た瞬間興味を引かれ手にとってみました。キャバクラのイメージとして、美女を求める男性の夢の世界というイメージでしょうか。実際私も複数の女性と交際してきて、私なりの恋愛のマニュアルなるものも頭にあり、割と女子と仲良くやっていると自負していました。キャバ嬢を落とすにはコミュニケーション能力が大切で、会話力に引かれるといったことが書かれています。これらは恋愛のハウツー本にも書かれているありふれた文言ですよね?でも、それだけではダメなんだそうです。これらはあくまでも「男子側の視点」であって、「女子側の視点」ではないんです。これを読んだ時は思わず愕然としてしまいました。客である驕りでモテから外れていたんです!「女子にもてたい!」そんな人には是非読んでもらいたいです。

モテる男の条件を読んで

この本を読むきっかけになったのは、著者がキャバ嬢・ホステスであったからです。私は女性なのですが、夜の仕事は未経験で興味があったのと、色々な男性を見てきたであろう著者の言うモテる男とは、どういう人の事を言うのかが知りたかったからです。キャバ嬢といえども、もともとは同じ女性、私が「いいなぁ~」と思い胸キュンする男性像とほとんど同じなんですね。特に、「気遣い上手は愛され上手」の項は、私の周りにいるモテモテ男性に当てはまっている点が多く、世の男性方には参考にしてもらいたいと思いました。やはり、多くの男性を見る事で、自然と経験値が高くなっているキャバ嬢・ホステスの方にモテるということは、世間一般の女性に通用するのだという事がわかりました。また、「コミュニケーション能力上達法」など、実践テクニックについても書かれているので、恋愛に憶手な男性や、普段女性を相手に仕事をしている営業マンにもおすすめしたい一冊です。

スマートなお金の使い方やちょっとした気遣い

モテるにはやっぱりまずはイケている顔かスタイルが必要だと思っていたので、あまり自分がモテるようになる・・・ということは考えたことがありませんでした。でも本当に好きな人ができて以来、やっぱり女性にモテないとこの先本当に好きな人を振り向かせることができないんじゃないかと思いこの本を手にとってみました。単純に女性が男性のどんなところを見ているのか知りたかったというのもあります。読んでみると自分でも出来そうなコツがたくさん詰まっていてこれなら自分でも実践できると思いました。顔やスタイルではなくても、スマートなお金の使い方やちょっとした気遣い、会話のポイントをつかむことで女心をぐっと引き寄せることができるとわかったので、少し自信がつきました。早速実践していこうと思います。この本を読むのと読まないのではこの先の出会いと成功率の確率が変わってくるのではないかと思い、手にとってみてよかったと心から思いました。

クールよりも気遣いで攻略

色々な女性心理の攻略本を読んできましたが、これは簡潔ですごくわかりやすいですし、実践もしやすいシンプルさです。著者がナンバーワン実績もあるキャバ嬢というところで内容の信ぴょう性もありますね。キャバ嬢の男性を見る目は肥えてますからね。そう簡単には男性になびかないキャバ嬢の手引書ですから、普通の女子には効果絶大なのではないでしょうか。私がいいと思ったのはクールガイが好かれないワケ・と大人のマナー講座の部分です。ついついクールな方が女ウケがいい気がしてどちらかというとそうしたキャラを目指していたのですが、やはり狙っている女子にはクールよりも気遣いで攻略したほうがずっと確率が上がるんだと分かりました。女の子目線で書かれているのがいいですね。キャバクラにはいろいろな年代の男性も来ますからマナー講座も年齢を問わずに実践できるので役立ちそうです。この本は読むだけではなくてすぐに実践できるところがおすすめできますね。

いつの時代も共通の事

「モテる男の条件」の本を読んでみての感想ですが、いつの時代も異性にもてたいというのは共通な事なのだと思いました。どのような事をしたらもてるのか?どのような言葉を使ったらもてるのか?など知りたいことはたくさんあると思います。こちらの本は、男性が為になる本という感じがしますが、マニュアルと言うよりも具体的なキャバ嬢との絡みを合わせての内容が書かれているので、もしかしたらキャバ嬢で練習して一般女性に応用するという事が出来る内容ではないかと思います。キャバ嬢はプロですので、そのプロと会話をしてアプローチをして進んでいくのも楽しいかもしれないと思います。コミュニケーション能力上達法というのがあったのですが、これはコミュニケーションが難しい現代において、けして男女間、又は男子とキャバ嬢だけの事ではなく一般社会においても応用は可能だと思いました。どんな言葉が不愉快にならない言葉でどんな言葉が相手は喜ぶのか等学ぶ本だと思います。